建築基準法違反

レオパレス21集合住宅2商品『ゴールドネイル、ニューゴールドネイル』について、確認通知図書に記載されていた小屋裏界壁が施工されていないことが判明しました。(2018年4月27日ニュースリリース)

また、ネイルシリーズ以外のシリーズについても調査を行った過程で、ネイルシリーズとは別の6商品『ゴールドレジデンス、ニューシルバーレジデンス、ニューゴールドレジデンス、スペシャルスチールレジデンス、ベタースチールレジデンス、コングラツィア』で、図面と施工マニュアルの整合性の不備が確認され、界壁施工において建築基準法に抵触することが判明しました。(2018年5月29日ニュースリリース)

レオパレス21は、施工不備の発生原因を次のように説明しています。

発生原因は現在調査中ですが、現時点で想定している以下の部分が原因であると考えられます。

・図面と施工マニュアルの整合性の不備

当時、物件のバージョンアップが頻繁に行われており、建物の仕様が分かりにくくなっていたことや、施工業者に渡している図面と施工マニュアルの整合性に不備があったこと確認されております。

・社内検査体制の不備

検査は行ってはいたものの、規格商品であることから図面等と現場との照合確認が不十分であったことと、検査内容も自主検査に留まっており、社内検査体制も不十分であったと認識しております。

なお、2008年以降の施工物件に関しましては、本部によるチェック体制を整えております。現在は、9回の社内検査に加え、第三者による検査を4回行い、品質管理に努めております。

発生原因については、引き続き徹底的な究明を行ってまいります。

界壁とは

界壁とは共同住宅など各住戸の間を区切る壁のことを言います。

界壁は、「防火」「遮音」について建築基準法等、関係法令の技術的基準に基づく性能を満たし、小屋裏・天井裏まで達するように設ける必要があります。

界壁施工不備の影響

小屋裏・天井裏部分の界壁施工に不備がある物件は、防火上の耐火性能が低下している可能性が否定できません。また、小屋裏や天井裏から生活音が隣戸に伝わりやすくなっている可能性があります。

界壁と建物の構造耐力について

通常、小屋裏及び天井裏部分の界壁については、施工に問題があったとしても建物全体の構造耐力に影響を与えることはありません。

※界壁が耐力壁に該当する場合は、その限りではありません。

 

建物検査センター 研究室